長沼町の歴史
平成9年(1997年)
  
検索画面へ 平成8年←平成9年→平成10年 
町行政費(予算)
町行政費(決算)                                                                                 一般会計
  歳入 14,283,320,000円
  歳出 14,232,820,000円
国保
  歳入  1,288,560,000円
  歳出  1,271,090,000円
老保
  歳入  1,928,560,000円
  歳出  1,923,070,000円
下水道
  歳入  840,480,000円
  歳出  834,760,000円
集落排水
  歳入  117,420,000円
  歳出 116,050,000円
町立病院
  収入  2,018,280,000円
  支出  2,211,170,000円
小史
○開基110年記念事業
 開基110年事業推進協議会を町長、議会議長を含めた31人で構成。
小史
・夕焼けコンサート
 (7月25日=ハイジ牧場)
 八代亜紀ら演歌系歌手6人による歌謡ステージが約3万5千人の観客を集めて開催。
小史
・記念式典
 (9月12日=スポーツセンター)
 町長式辞、功労者・長寿者表彰、知事、国会議員等の祝辞、町議会議長の決意表明等。
小史
・中央公園ふれあい広場祭り
 (9月12日=中央公園)
 演芸、ミニコンサート他。
・子ども議会
 (12月13日・20日=議会議事堂)
 小中学生を対象とした模擬議会開催。
・記念要覧、ビデオ、あゆみの作成
 本町の110年を記録した要覧とビデオ作成。年表を掲載した「ながぬま110年のあゆみ」を作成し全世帯に配付。
・記念植樹(10月19日=北長沼水郷公園)
 全町民を対象として、夕張川左岸にエゾヤマザクラなど10種1,195本を植栽。
○総合福祉文化村(仮称)構想スタート
 高齢化社会に向け、人々に安らぎのあるやさしい町づくりを目指して、保健・医療・福祉施設と文化・芸術・スポーツ施設を一体化し総合的な健康づくり構想に着手。基本設計はコンペ方式(設計競技)で決定し、「総合保健福祉センター、文化センター、多目的運動広場、児童館」などを年次計画で整備。
○中央公園完成
 商店街の中央に町民の新たな憩いの場として完成。
○中央公園完成
 商店街の中央に町民の新たな憩いの場として完成。
○道の駅「マオイの丘公園」完成
 道内37番目の道の駅「マオイの丘公園」が旧長沼第四小学校跡地にオープン。
1997.1.15 成人式挙行。(成人者147人)
1997.3.31 長沼訪問看護ステーション開所。
1997.4.1 中央公園完成。
1997.4.12 南空知葬祭組合(長沼、栗山、由仁、南幌)設立。
1997.5.25 北長沼水郷公園において北海道新聞社主催による「第16回道新杯自転車ロードレース大会」が開催。(道内各地からサイクリスト211名参加)
1997.7.11 東京ふるさと長沼会一行13名が来町。
1997.7.3 第36回空知支庁管内身体障害者福祉大会が町民会館で開催。
1997.7.9 岩手県水沢市の小学生11名が長沼町の小学生との交流のため来町。
1997.7.25 長沼町開基110年記念夕焼けコンサート開催。
1997.8.23 ながぬまコミュニティ公園で「ながぬまマオイ夢祭り」開催。
1997.8.28 福島県長沼町農村環境改善センターで本町と福島県長沼町との「友好親善宣言」調印式挙行。
1997.9.12 長沼町開基110年記念式典挙行。(来賓及び町民あわせて約520人出席)
1997.9.12 中央公園ふれあい広場祭り開催。
1997.9.23 長沼町駅伝大会が、過去最大の63チームが参加し開催。
1997.10.19 北長沼水郷公園において、夕張川桜づつみ記念植樹開催。
1997.10.21 福島県長沼町から寄贈された「シダレザクラ」3本を友好親善宣言記念樹としてコミュニティ公園内に植樹。
1997.11.16 南長沼中学校開校50周年記念式典。
1997.11.30 北長沼中学校開校50周年記念式典。
1997.12.7 中央長沼中学校開校50周年記念式典。
1997.12.12 長幌上水道企業団30周年記念式典。
1997.12.13 各中学校代表生徒20名による長沼町開基110年記念「子ども議会」が議会議事堂で開催。
1997.12.20 各小学校代表生徒20名による長沼町開基110年記念「子ども議会」が議会議事堂で開催。
  
検索画面へ 平成8年←平成9年→平成10年